NEWS最新情報

【@ほーむコンサート】第2弾 20年目のメッセージ「20年目のコンサート」より


※2016年につくばカピオ開館20周年を記念して開催された「20年目のコンサート」より、この時のために作曲された「20年目のメッセージ」を、当時のコンサート写真とともにお届けします。

プログラム出演者メッセージはこちら!

〇公演情報
出演:深見麻悠子(作曲・Pf.)、前田啓太、藤原耕(語り・Perc.)
日時:2016年7月9日(土)
会場:つくばカピオ ホール

〇プログラム
電子プログラム(外部リンク)
♪20年目のメッセージ

〇出演者メッセージ
作曲・ピアノ  深見 麻悠子
つくばのみなさま
カピオ開館20周年コンサートにて「20年目のメッセージ」を委嘱初演させて頂いてから4年が経ちました。会場内は熱気に包まれるほどの大盛況で、つくばの皆様が芸術文化に深く親しんでいらっしゃることに感動したことを今もはっきりと覚えております。
現在、新型コロナウィルスの影響で、カピオを利用されていた皆様も自粛され、悲しい思い、寂しい思いをされていることでしょう。この「20年目のメッセージ」がそんな皆様のお心に少しでも安らぎや希望を与えられたら、と願ってやみません。

語り・打楽器  前田 啓太
皆さまこんにちは。打楽器奏者の前田啓太です。
新型コロナウイルスの影響で様々な文化芸術やエンターテイメントに制限がかかってしまいました。多くの自由を奪われたように感じてしまい歯痒いですが、皆さまに演奏をご覧いただける機会をつくばカピオさんからいただけたことを嬉しく思います。 ご視聴いただけます《20年目のメッセージ》について少しお話しさせてください。
『つくばカピオ20周年記念として募集したメッセージを朗読しながら演奏する楽曲』をメインにコンサートするというご依頼をいただきました。つくばカピオ20周年の記念コンサートとしてリサイタルをさせていただけることはとても光栄で、ご依頼いただいた時に心の底から喜びが湧き上がりました。
先に申しあげましたように、奏者は演奏を『しながら』朗読しております。 この音源は当日のコンサートそのものの録音であり、重ねて録音したものではございません。朗読者がいるわけではなく、私と共演者の藤原耕さんがピンマイクをつけてステージ上で朗読しています。想像つきにくいかもしれませんが、様子を想像しながらご覧いただくとよりお楽しみいただけます。作曲いただいた深見麻悠子さんには、ピアノで演奏にも加わっていただいてます。
朗読いたしましたメッセージは『これまでの20年間』または『これからの20年間』を見つめる内容のものでした。 全世界で猛威をふるっている新型コロナウイルス。いつ終息するかの見通しもつかず、仮に新型コロナウイルスが終息しても、新たな脅威に脅かされるかもしれません。未来の予想がつかない現代ですが、これまでの20年間を振り返り20年後の私たちがどのように生きて暮らしているか、この録音を聴いた時に自分の現在地を見つめることができました。 最後に、勝手ながら私はこの楽曲の音楽の力を深く感じましたが皆さまにおかれましては気構えることなく演奏を楽しんでいただき、ほんの僅かでも皆さまのなかに幸せが増えることを願ってます。

語り・打楽器  藤原 耕
つくばカピオで皆様から頂いたあたたかい拍手、スタッフの皆様のお支え、鮮明に思い起こされます。感謝申し上げます。またホールでお会いできますように!

20200515102017.jpg
@ほーむコンサートTopページ
素敵な「おうち時間」のため、ノバホール・つくばカピオの過去のコンサートアーカイブを特別無料公開!

主催:つくば市/(公財)つくば文化振興財団

【@ほーむコンサートに関するお問合せ】
(公財)つくば文化振興財団 企画課
担当:飯村・香川・吉野
029-856-7007
(※9:00~17:00月曜休・月曜祝の場合翌平日休)
tcf_art☆tcf.or.jp(☆を@に変えてください)